文字サイズ: 標準 拡大

水道の凍結にご注意ください

水道凍結に注意しましょう

12月から2月にかけて、水道の凍結事故が多発します。

水道が凍結すると、水が出なくなるだけではなく、修理の費用がかかります。

こんな時は特に注意が必要です。

  • 外気温がマイナス4℃以下になったとき。
  • 就寝前や、旅行などで家を留守にするなど、長時間水道を使用しないとき。
  • 「真冬日」(1日の最高気温が氷点下の日)が続いたとき。

水道が凍結したら

  • 屋内用配管が凍ったときは、蛇口や管にタオルを巻いて、ぬるま湯をかけてください。
  • 管に直接熱湯をかけると管が破裂しますので注意してください。
  • 床下部は、解氷パイプが取り付けてあれば、シーリングプレートを外し、ゆっくりとぬるま湯を入れると解氷できます。

水の落とし方 

水道の水を抜くとき

  1. 水抜栓のレバーを「止」の方向へ完全に止まるまで操作します。
  2. 蛇口をあけて水抜きをします。
  3. 給湯設備についても水抜きします。

 (注意)マンションなどでは屋外に水抜き装置がある場合もあります。管理会社などに確認して下さい。

水道の水を出すとき

  1. 蛇口を閉めます。
  2. 水抜き栓のレバーを「出」の方向へ完全に止まるまで操作します。
  3. 蛇口をゆっくりあけます。

水道凍結修理を業者へ依頼する場合

水道凍結の修理費用は個人負担となります。

凍結・解氷の連絡先

  • 日曜・祝日については、恵庭市管工事業協同組合 0123-25-3165 へ

恵庭市管工事業協同組合の当番業者 日・祝のみ(PDFファイル)

  • 平日については、恵庭市指定給水装置工事事業者へ

恵庭市指定給水装置工事事業者(PDFファイル)

このページに関するお問い合わせ先

水道部 上水道課 給・排水担当

  • 電話 :0123-33-3131(内線:5854、5855、5856)
  • ファックス :0123-33-3137
お問い合わせはこちら

ページ・トップへ