文字サイズ: 標準 拡大

恵庭市下水道事業経営戦略

はじめに

下水道事業は、市民の生活環境の改善(汚水の排除)、浸水の防除(雨水の排除)及び公共用水域の水質保全等、市民の暮らしを支える重要な役割を担っており、本市においては、昭和43年以降に整備されてきた下水道資産が、これから更新時期を迎えようとしています。一方で、今後については、人口減少に伴う下水道使用料の減収が懸念されていることや、「老朽化対策」だけでなく、耐震化等の「災害対策」も求められており、経営環境は益々厳しさを増すことが予測されます。

このような経営環境のもとで、将来にわたって安定的に下水道事業を継続していくためには、計画的に施設、財務、組織及び人材等の経営基盤を強化していく必要があります。そのため本市では、中長期的な視野に立った経営の投資・財政計画である「恵庭市下水道事業経営戦略」を策定しました。

(注意)「恵庭市下水道事業経営戦略」については、下記ダウンロードからご覧いただけます。

ダウンロード

恵庭市下水道事業経営戦略 (PDFファイル: 1.9MB)
恵庭市下水道事業経営戦略【概要版】 (PDFファイル: 325.7KB)

このページに関するお問い合わせ先

水道部 経営管理課

  • 電話 :0123-33-3131(内線:5841)
  • ファックス :0123-33-3137
お問い合わせはこちら

ページ・トップへ